名前つけでも必要になってくる

子供たちの入園や入学の時期になると、名前つけをどうしたらいいのか悩む時期でもあるでしょう。 簡単に済ます方法を考えなければいけませんが、中にはどうしてもやりにくいものもあるのです。

名前つけというとマジックなどで書き込んでしまう方法もありますし、お名前スタンプを使う方法もあります。
簡単に済ますことができますし、お名前スタンプであれば連続で捺していくことも可能ですから、大量にあったとしても素早く対応していくことができるでしょう。
お名前シールもありますので、適合しやすいものを選択していくことができれば、きれいに名前つけができるでしょう。

しかし、いつもそうだとは限りません。
学年を記入しなければいけないゼッケンでは、一年ごとに付け替えなければいけません。
こういったものでは、お名前スタンプでは大きさに対応できませんし、お名前シールを直接貼るわけにはいきません。
そこで、別の生地に張り付け、縫い付けていく方法になるのです。

この縫い方は色々とありますが、目立たないようにまつっていく方法があります。
縫い代を作り、まつっていく縫い方は、糸が目立ちにくくなります。
手縫いではなく、ミシンでの縫い方としては、隠そうとせずにはっきりと塗っていくほうがいいでしょう。
その場合には、仮縫いをしっかりしておくことで、よれたり曲がったりすることを防ぐことができます。
面倒かもしれませんが、ひと手間入れておくことが大切になってくるのです。