保育園には布の名前つけがいっぱい

保育園の入園の時に、大変な思いをするのが、名前つけであるといえるでしょう。 文字を書くことが嫌いな人にとっては、拷問ともいえる作業になりますし、好きだとしても簡単に済ますことができるようなレベルではありません。 それだけ保育園の入園となると、数が多くなってくるのです。

特に布の製品に名前つけをしなければいけないのが、保育園の特徴ともいえます。
どんなものがあるかといえば、園服のようなものだけではなく、昼寝用の布団や寝具があるのです。
こういったものに名前つけをしようと考えた場合、お名前スタンプが捺せるスペースがあるかどうかということが重要です。
布専用のスタンプ台であるバーサクラフトならば、濃い色の布でも捺すことができるようにはなっています。
ですが、布団などになると捺しにくいのも確かなのです。
そういった場合には、お名前シールがいいでしょう。

アイロンシールは、アイロンの熱を使った転写タイプになっています。
圧力をかけてあげなければいけませんが、アイロンシールであればしっかりとつけることができますし、名前も目立つようにしてあげることができるでしょう。

別の布に名前つけをして、それを縫い付けてあげるという方法もあります。
ゼッケンのようなつけ方にはなりますが、洗濯にも強くなりますし、簡単にとることができるというのも利点です。
その場だけではなく、将来的にもどういった使い方のものなのかを考えていくと、対応策が見えてくるはずなのです。