ハンカチに名前つけするなら、お名前スタンプがぴったり

日常洗濯するものは、名前つけといっても考えてしまいます。 せっけんや洗剤に洗われてしまうことで、落ちてしまうこともありますが、油性マジックのようなもので書き入れればにじんでしまい汚くなってしまうこともあります。

これがハンカチのように、手をふいたり、顔をふいたりするものになると、にじんだ汚さが嫌になってしまうことも多いのです。

ハンカチのようなものの場合、お名前スタンプが向いているといえるでしょう。
一見する、お名前シールが一番合っているかのように見えますが、子供たちのハンカチはタオル地であったりします。
起毛素材を使っている場合、お名前シールを張ってもはがれてしまいます。
伸縮性があったとしても、汚くなってしまう元ですので、お名前スタンプがいいのです。

お名前スタンプを使えば、どんな素材であったとしても、名前つけすることができます。
起毛に合わせて捺してあげることができれば、しっかりと印影を残せます。
布用のスタンプ台であるバーサクラフトを使えばさらに安心です。
にじむこともありませんし、捺した後からアイロンで定着を強めることで、頻繁に洗濯したとしても、落ちにくくすることができるのです。
捺す際には、一度洗濯しておくことも大切になってきます。
ノリが付いていると、インクがのりませんので、落ちやすくなってしまうのです。

お名前スタンプは、大小さまざまなサイズがセットになっています。
ハンカチの大きさや種類によって、捺す場所の制約もありますので、ぴったりのサイズを探し捺してあげることがきれいに見せるコツになってくるのです。